toggle
2019-05-18

お内陣の壁画。。。

先日、京都の若林佛具製作所さまにお願いして、お内陣を一旦解体し、万が一工事中に雨漏れがしても大丈夫なように別の場所に移動しました。https://wakabayashi.co.jp/

お内陣は阿弥陀仏がおられるお浄土を表しており、きれいな華、香り、植物、雲、動物たちがあちらのお道具の模様にちりばめられています。私たち真宗門徒はこの場所を「おないじん」として敬い、普段の参拝では入ることができません。

予め解っていた壁画の損傷に加え、ご本尊さまの厨子の後ろもかなりの傷みがありました。明楽寺の蓮の絵はサイズも大きく、色彩が素晴らしく、本堂が新しい時代はさぞかし煌びやかであっただろうと想像できます。

蓮は泥の中から茎をのばし見事な花を咲かせます。この泥は私たちの生きている娑婆世界を表し、色々な苦があるけれども仏教の教えを聞いて、どうかあなたらしい花を咲かせてほしいという意味があるそうです。

関連記事